プロフィール

☆ネモ

Author:☆ネモ




名古屋港をホームとした

シーバスルアーフィッシング

メインのブログです。


その他、青物ジギングや

エリアトラウトなど

疑似餌一筋の

ヲッサンアングラーです。


シーバスフィッシングを中心に

釣行記、ルアーのあれこれ、

忘備録など、

いろいろ更新していきます。


最近、ルアーのリメイクに

ハマっています♪


FC2カウンター
ナチュラム
フリーエリア
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カテゴリー 《 フライ関係 》   全2ページ
このページのリスト
► 次のページへ

2014.02.05    カテゴリ: トラウトフライ関係 

   フライタックルの見直し



フライタックルについて、いろいろ調べていたら、

ロッド、リール、ライン、ティペットなどの

システムについて(番手の組み合わせ)

今までと違うセッティングが良いという

情報がありまして、早速見直ししました。






で、早速やってみたのが

リールとラインの組み合わせ。

今まではリールの番手と、ラインの番手は

同じものでなければならないというのが

頭の中でありました。

今回はラインをリールの番手より1つあげて

みると、キャストがしやすくなるとのことで、

5番リールへ6番ラインを合わせてみました。






今回、初めて使うメーカーでありますが、

どうやらフライラインメーカーの中では

老舗のようであります^^

CORTLAND コートランド社」です。

ちなみに、管理人はこのメーカーのこと

全く知りませんでした^^;

コートランド社 WF6F

色はセージグリーン

かつてない地味な色でありますw

セージグリーン。






で、今まで使っていたラインはオレンジで

バッキングラインも同色だったので

バッキングラインも変えることに。

しかし、このバッキングライン、

色の種類がありません。

なので、ここはちょっと我慢して

白としました。

バッキングライン






そして、巻き直しした新旧比較です。






オレンジ WF5F

セージグリーン WF6F






オレンジライン

セージグリーンライン






やっぱり、白のバッキングラインが気になりますが、

これはもう、慣れるしかありませんね^^;






で、取り外したオレンジラインはというと

予備

現地で何らかのトラブルがあったときに

変えられるように、予備としました。





さて、このラインでキャスティングに

どう影響するか楽しみです。










2013.12.19    カテゴリ: トラウトフライ関係 

   sage2550 フライリールの左巻きを右巻きに



sage2550のライン交換のついでに

左右の巻き方向を変えました。






フライリールの左巻きは、スピニングリールのように

簡単に巻けず、右巻きに戻すことにしました






この左巻きを変えます。

左巻きのリール






① まず、スプールを外します。

  これといった道具など要らず、親指と人差し指で

  開くようにすると、簡単に外せます。

① スプールを外す






② 外すとこんな感じになります。

② 外した後






③ 次にコインを使って、ドラグギアを外します。

  このとき、2枚のコインで左右からやると

  一層、簡単に出来ます。

③ ドラグギア取り外し






④ すると、中はこんなふうになっています。
 
  中にある、ナットみたいな部品が

  今回の重要パーツで、これをひっくり返し

  再度セットするだけで、左右の巻が変わります。

  いわゆる、ラチェットになってるんですね。
  
④ 中の状況






⑤ 手のひらに、トントンと叩くようにすると、

  このラチェットが取れます。

⑤ このパーツを裏返す






⑥ で、この向きにセットすれば「左巻き

⑥ 左巻きにしたい場合の向き






⑦ こちらが「右巻き」にしたい場合。

⑦ 右巻きにしたい場合の向き






⑧ 右巻き用にセットした状態。

⑧ 右巻き用にセット






⑨ 先ほど外した、ドラグギアを戻します。

⑨ ドラグギアを戻す






⑩ スプールを戻し、完了です。

⑩ スプールを戻し完了






ドラグを調整して、そのように動けばテストも

完了。

後は、ラインを巻きかえるだけです。






今回、購入したのはバリバス製のフライライン。

WF-5-F

前回、購入したラインは色はめっちゃいいんですが、

数回、使用しただけで沈んでしまうんです><

今回は、同系色ということでオレンジにしました。

浮力はどうなんでしょうか。






巻いてみた感じです。

右巻きのリール






さて、このラインで何匹のトラウトをゲット

するんでしょう^^

今から楽しみです♪










2013.04.15    カテゴリ: トラウトフライ関係 

   フライリール修理完了

先日のフライリールの修理が完了しました。

こんな感じで会社にあるサンダーで

ネジの頭を削ってみました。

サンディング後






用心しながら削ったのが良かったのか

一瞬にしてこんな風になりました。

じっくりサンディングすると削りすぎて台座自体が

危なかったかもしれません><






早速、ロッドへの装着確認です。

完了






おおっ、なんとも「普通に装着」できました。

これでいくらか得をしたんでしょうかね~^^

でも、まだ新しいリールだし…と思いつつ

次回の釣行に期待を膨らませる管理人でした。










2013.04.14    カテゴリ: トラウトフライ関係 

   フライリール修理

昨日、ネジの紛失にて故障したリールを

やはりインシュロックでは不安があり、なんとか直せないものかと

瞬間接着剤を塗り、昔使ってた、アルトモアからネジを抜いて

代用してみました。

リール修理






一目瞭然で左側のネジということがわかりますねw






このままではネジがジャマしてロッドに装着することが

できませんので、後日、サンダーにてこのネジの頭を

削ってやろうと検討中です。

果たして、うまくできるのでしょうか?










2013.04.12    カテゴリ: トラウトフライ関係 

   宿命

たくさんフライをタイイングしても、「全く使わない」、

使っても実績がない」という理由でフライボックスの

片隅でおとなしくしてるフライたち。






フライフックはそのまま生きてるので解体し、

再び別のフライとして復活することになります。

ゴミ箱直行






使っても実績がないのは仕方なく解体されるとして、

全く使わない」フライに関してはどうよ?と、

理由を述べると、

やはり、基本的にフライの「デキ」が良くない。

同じパターンのフライと比べてみても、かっこ悪いのです。

同じパターンで釣れたとしても、かっこ悪ければ必然と出番はないのです。

よって解体の対象となるわけです。






それなら最初からキレイに巻けばイイジャンとなるわけですが、

タイイングしてる最中に、少しでもめんどくさいなぁとか

ここは省略してしまおうなんて思ってると、こういうフライが出来ます。






最近のタイイングではちょっとでも面倒だとか、酔っ払ってめんどくさいなとか

感じたら、すぐにタイイングをやめるようにしています。

自分にとっての「不良フライ」を出さないために。

これが管理人ネモに巻かれたフライたちの「宿命」なんですかねぇ。












Copyright © 名古屋港シーバス がっ釣りブログ!! All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog まとめ