プロフィール

☆ネモ

Author:☆ネモ




名古屋港をホームとした

シーバスルアーフィッシング

メインのブログです。


その他、青物ジギングや

エリアトラウトなど

疑似餌一筋の

ヲッサンアングラーです。


シーバスフィッシングを中心に

釣行記、ルアーのあれこれ、

忘備録など、

いろいろ更新していきます。


最近、ルアーのリメイクに

ハマっています♪


FC2カウンター
ナチュラム
フリーエリア
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

2017.05.05    カテゴリ: シーバスシーバス釣行記 

   食事中の方閲覧注意 ※グロあり





2017.05.04 小潮



干潮からのエントリーです。



今回の気になるところは風です。



思った以上に風が強く、ルアー操作がしにくい。



おまけに向かい風なので飛びも悪い><



なんだか水の色も悪く、まったく釣れる気がしませんでした。









とりあえずシンペンを投げるも、



風がラインスラッグを作ってしまう、最低な条件。



こんな状態のまま、「マニック95S」



投げる。









すると、小さくバシュっと出ました。



おっ!居るんだ!と、思いながら



同じコースを通してみる。



「バシュッ!!」



今度はしっかりとフッキングしました。

resize_P5040071.jpg

resize_P5040070.jpg





このマニックカラー、数年前に店頭から消えるほどの



人気商品でしたね!



「ゼブラグロー」



カッコいいですね!















さ、今回のこのシーバス君、



口の中がヤバいことになってます><

resize_P5040073.jpg







相当なバチを食ってます。



ルアーにはこんなやつが引っかかってきました。

resize_P5040068.jpg









シーバスにとってはキットご馳走なんでしょうね^^;



ちょっと(かなり?)気持ち悪いです><









ちなみに管理人、エサ釣りをやらない理由の一つに



こんな虫を触れないからです















にほんブログ村 釣りブログ シーバス釣りへ
にほんブログ村





























ゴカイは得意ですよ。
何せエサ釣りから釣りを始めてますから。
エサ釣りだと、かなりの確率で針を呑まれ、かといって食べるにも、あの臭いが・・・(・・;)
で、リリース可能なルアーをやってます。
ホームポイントは、ハクパターンみたいです。
今夜あたり、干潮に絡めて出てみようと画策中です。
3日に子供と釣りに出かけましたが、水の色はかなり悪かったです。
先行者に聞きましたが、沖からの色の悪い潮が入り込んで(更に南からの風に押されて)状況が悪くなったようです。
去年もこの時期に雨が少なくて高温だったことで、水が悪くなりましたからね。
一雨ザッと欲しいところですね・・・。
>こいちさん

ゴカイ類はマジ苦手です><
噛みつかれたこともありますからね~^^;

こいちさんのホーム、最近どうですか?
ハクパターン、ワタクシ相当苦手でして
去年は2カ月釣れなかった記憶も。
攻略法、ぜひ教えてください!
>togusaさん

あ、やはり水の色はそういうことだったんですね。
カフェオレ色というよりは
「養命酒色」ですよね(笑
それでも、シーバスは居るので
ルアーのカラーセレクトに迷います。
ネモさん、こんばんは。
古い方の記事にコメントすみません(^^;

名古屋港は外来のバチが多いようで、どうも貨物船のバラスト水に卵とか混じってやって来るみたいです。
写真のバチは、青虫(アオイソメ・チョウセンゴカイ)によく似てますね!
青虫は中国・韓国から輸入してるので、本来は日本には居ないはずの生物です。
ちなみに四国では、青虫5尾掛けでキビレ釣ってました。当然触りまくり(爆)

名古屋港では、頭が鮮やかな赤、ボディが鮮やかな白というバチを見たことあります。
それ以来、私は名古屋港ではレッドヘッド固定ですね(^^;
>baraさん

おお バチにも外来ってあったんですね。
貨物船に乗ってやってくるとは・・・
チョウセンゴカイなんとのは、朝鮮からきてる
んですかね~^^;
外来種というと、ブラックバスやガーなどを
思いだす自分は、まだまだひよっこですね~

今回のbaraさんのコメ、とても参考になりました!
ありがとうございます!








Copyright © 名古屋港シーバス がっ釣りブログ!! All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog まとめ