FC2ブログ
プロフィール

☆ネモ

Author:☆ネモ




名古屋港をホームとした

シーバスルアーフィッシング

メインのブログです。


ほぼ毎週、シーバスを求めて

どこぞに出かけています。

もし、「このブログの主、

あいつか?」

と思ったらドンドンお声を

おかけください!

FC2カウンター
ナチュラム
フリーエリア
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カテゴリー 《 ジグ関係 》   全2ページ
このページのリスト
前のページへ ◄

2014.07.09    カテゴリ: 青物ジグ関係 

   スロージギング対応ジグ




ジギングにもいろんな釣法があって、

基本的に「早巻き」を好んでやっています。





で、その真逆で「スロージギング」という、

釣法があり、(名前のままの意味で、ゆっくりジグを動かすこと)

それに対応したジグをゲットしました。






「クランキー 120g」

IMG_1947.jpg

IMG_1948.jpg

IMG_1949.jpg






おもしろいのは3枚目の写真。

こんなに段が付いたジグって、他にはないかと。

色が黒っぽいと、フナムシっぽい感じが…^^;

120gという重さも、早巻きならばすぐに

疲れてしまうんですが、スローならどうかな~と

思い、買ってみました。












そして、「レクター 80g」

IMG_1943.jpg

IMG_1944.jpg

IMG_1961.jpg






このジグ、全然買う気がなかったんですが、

このカラーを見た瞬間にやられました><

どうやら、限定カラーみたいで表と裏の色が違い、

さらにグローでもある。

まずは、管理人がリアクションバイトしちゃいましたw






早巻きからデッドスローまで対応ということです。

何がどう対応なのかは、ジギング初心者の

管理人にはわかりません^^;












このジグ達の出番は秋以降になると思われます。

デカイ青物が釣れることを妄想しながら

今回もレジに向かいました♪





















2014.03.18    カテゴリ: 青物ジグ関係 

   ジギング用ノット



今回のジギングで使用した

リーダーとPEラインを結ぶノット

ミッドノット

ミッドノット

写真の撮り方が悪く見にくいですが、

ジギング用ノットとして開発されたみたいです。






リーダー側にはヒゲも出来ず、

ロッドのガイドをスルスル抜けていきます。

さらに太さも、さほど気になるものではなく、

強度も強い。

そんなノットであります。






今回、初チャレンジしたところ、

1回目はPEラインが短くて失敗。

2回目になんとか成功しました。

ちょっと不安ながらも、グローブを着け、

強く引っ張ってみました。

まったくほどける感じがしません






これならいけるかも!ってんで、

スピニングのほうにも、このノットを

使いました。

3回目になると、ちょっと慣れが出てきます。

こちらのスピニングのほうも、引っ張り検査をして、

合格!と。






これから、このノットにお世話になりそうです♪










2014.03.06    カテゴリ: 青物ジグ関係 

   ジギング用フックカバー



ルアーのフックってとても尖っていて、

ルアー交換などのタイミングのとき、

指に刺さった~なんてことありますよね。






トリプルフックでは、サイズに合った

フックカバーが各メーカーから出てますが、

ジギング用のフックではお目にかかったことありません。






そこで、今回はずっと探していたジギング用

フックカバーをたかさんが見つけてきました。






ウキ止め

いわゆる「ウキ止め」で、チューブになっているんですが、

この硬さがフックの返しの部分にもスルスルっと

入っていき、スルスルっと取り外せる代物。

あまり柔らかすぎると、返しの部分に

グサっとささりそうな気がします。






ちょっと硬め

大きさ的にはこんな感じです。






クルクルっと回す

早速、2cmくらいの長さに切って、

セットしてみました。

軽くセッティング完了。

取り外しもフックの返しに引っかからず、

簡単に取れました。






これでケガしませんね^^

ロールバッグの中では、これだけのフックが

ありますので、計6本のカバーをしました。

これで、ロールバッグの網にも引っかからず、

指もケガしないでジグ交換できそうです♪






ちなみに、この「ウキ止め

光ります

光ります♪











2014.03.02    カテゴリ: 青物ジグ関係 

   なかなか行けません



先月から計画しているジギング釣行なんですが、

実は今日も予定をしていました。

しかし、やはり北陸の波はそう簡単に

出船させてくれないみたいです。

3月2日予報






天気は持ち越したものの、

波があっては危なくて行けませんね。

またの機会ということになりました。

なかなか行けませんねぇ><






で、先日、シーバスジギング用に

こんなもの買いました。

オーシャンドミネーター アカキン

ティムコ 「オーシャンドミネーター80g」です。

テイル重心のジグで、シーバス用に開発されたみたいです。

オーシャンドミネーター






このジグ、なかなか売ってなくて、

見つけたときは速攻で手にしていましたw

中古コーナーでいわゆる「売れ残り」みたいな

感じで並んでました♪

ティムコというと、フライフックのイメージなんですけど、

こういったジグもたくさん販売してたんですね。

期待の新人です。






最近、フラフラとショップを見ていると、

ついついジグを買ってしまいます。

最初は3つでスタートしたジギングですが、

今ではその7倍…

ジグ

ジグも見た目で釣られてしまう

管理人であります^^;






ロールバッグ式で、持ち運びには便利です。

ジグロールバッグ

ちょっと重いので気になり、

計測してみました。

2.2kg」でしたw






さて、次の釣行を楽しみに、

天気予報とにらめっこです。










2013.10.28    カテゴリ: 青物ジグ関係 

   メタルジグ




前回のジギングで、どっぷりハマってしまった管理人の

メタルジグをちょっと紹介します。






有名どころである、「バラーⅡ

バラーⅡ

以前、「紹介したこのあるジグ」のひとつで、

この色にまずは、管理人がやられました><

あとは青物がどう反応するかが楽しみです。






STAY.jpg

シャウトの「STAY ステイ」というジグ。

これはロングジグ系で、フォール中は姿勢を水平に保つという、

珍しいジグです。

先日、シオ(カンパチの子供)をゲットしたジグです。

どうやら、青物もアカキンに弱いようです。

コバルトブルーに冴えるのかもしれませんね。






で、買ってみました。 「タングステン・ジグ

比重が重いのが有名なタングステン。

値段も超重量級であります><

この大きさで、この値段!?と、誰もが言うくらいの定価設定です。

タングステン

実際に使ってみると、他のジグとの差はわかりません。

これで、バンバン釣れてれば、タングステンさいこーーーーってなるのは

確実ですけどね。w

と、いうことは…

はい、釣れてません><






お次はこんなジグ。

タックルハウス製のメタルジグですね。

タックルハウスの出しているルアーの目を見れば、

誰もがわかるほどのメーカーですね。

今回購入したジグは、正直、ちょっとでかかったです。

タックルが付いてこないんですね。

やはり、タックルとジグ(ルアー)の関係は大事なと、

思った瞬間でした。

しかし、この目が管理人は大好きでありますw

タックルハウス!?






こちらは、ノーブランド・ジグ。

無名ブランド

写真にはないんですが、このジグ、塗装が弱いのか、

運搬時にタックルボックスの中で、塗装が剥がれてました。

いくら安くても、それはないよなぁと感じながらも、しっかりと

海底へ落としました。






なんだかんだと、使うジグは中古が多いということです。笑

メタルジグの場合、ほとんどがフックが付いていないという事。

スナップで交換する、シーバスルアーとはまた違った趣で、

ジグ本体には、フックは関係ないと言うことですね。

中古でも、フックが付いてるやつはたくさんありますけどね。











Copyright © 名古屋港シーバス がっ釣りブログ!! All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog